JAVAコスメガイド
知ってください
あなたにできること
資生堂キャンペーン

このサイトはリンクフリーです。
バナーをご自由に使用ください。

JAVAの活動
大手メーカーへの働きかけ
2015年04月21日 更新
メナード「2009年3月9日以降動物実験廃止」を公表
ヘアカラーのダリヤも

日本メナード化粧品が2015年4月1日、廃止した時期を明示して動物実験廃止方針をウェブサイトで公表しました。

メナードでは、2009年3月9日以降、化粧品・医薬部外品開発において動物実験を実施しておりません。
今後も、代替試験法やヒトによる各種試験等によって、安全・安心を最優先としながら、動物実験を行わない方針で化粧品・医薬部外品開発を進めてまいります。

日本メナード化粧品株式会社

2013年5月、メナードはJAVAに対して「2009年3月9日をもって動物実験を廃止した」と回答していましたが、これまでその方針は公表されてきませんでした。
公式な発表がなければ「本当に動物実験を廃止しているのか?」との疑いが出てきてしまうものです。そこで2月、JAVAを含む3つの動物保護団体で構成する「美しさに犠牲はいらないキャンペーン(CFB)実行委員会」として「JAVAに対する回答のみならず、ぜひとも公式に発表してほしい」と申し入れていました。

メナードが動物実験を廃止したという2009年3月9日は、EU(欧州連合)で、マーケティング・バン(EU以外の地域や国でこの日以降動物実験が行われた化粧品のEUへの輸入禁止)が施行された日です。公表そのものは資生堂やポーラなど他社が先行しましたが、実はメナードの方が先駆けて動物実験を廃止していたのです。

メナードの公表の後、同社と創業者を同じくするヘアカラーの株式会社ダリヤも、公式ウェブサイト(FAQ)にて同様の公表を行いました。

ダリヤでは、化粧品・医薬部外品開発において動物実験を実施しておりません。
今後も、代替試験法やヒトによる各種試験等によって、安全・安心を最優先としながら、動物実験を行わない方針で化粧品・医薬部外品開発を進めてまいります。(*)

株式会社ダリヤ

名古屋に本社のあるメナードは、「メナードレディ」による訪問販売や「メナードフェイシャルサロン」の展開を主な販売形態とする創業56年の化粧品会社。
メナードより古く1950年に創業したダリヤは、主にヘアカラーやパーマ材を扱うトイレタリーメーカー。主なブランドに、Salon de Pro(サロンドプロ)、Palty(パルティ)、men’s Palty(メンズパルティ)、VENEZEL(ベネゼル)があります。


中国への輸出について
メナード・ダリヤでは、輸入化粧品に対し動物実験の実施を課している中国でも化粧品販売を行っていますが、これまで国内で行ってきた動物実験を廃止したことは前進だと考えています。これらの企業に中国からの市場撤退を求めるべきだという意見もありますが、大きなシェアをもついくつかの大手化粧品企業が日本国内で動物実験を続けているという憂慮すべき状況があります。JAVAは、日本のすべての化粧品メーカーが、国内での動物実験の実施および外部委託」を完全に廃止するよう、それを最優先課題として取り組んでまいります。「一刻も早い動物実験廃止」を実現するために、ご理解ご協力をお願いします。

詳しくはこちらをご覧ください。
「化粧品企業による動物実験廃止決定と中国での動物実験についてJAVAではどのように考えていますか?」

← 大手メーカーへの働きかけへ戻る
← JAVAの活動TOPへ戻る

ページTOP




ページTOP