JAVAコスメガイド
知ってください
あなたにできること
資生堂キャンペーン

このサイトはリンクフリーです。
バナーをご自由に使用ください。

JAVAの活動
大手メーカーへの働きかけ
2018年03月01日 更新
Good News!ヤクルト本社、化粧品および食品分野の動物実験を廃止


乳酸菌飲料メーカーとしてグローバルに事業展開する株式会社ヤクルト本社。同社が、化粧品および医薬部外品、そして食品分野における製品の研究開発や承認申請のための動物実験を全面的に廃止した(*注)ことを、JAVAなど3つの動物保護団体から成る「美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会(CFB)」 に対して明らかにしました。

2018年1月18日、米国の動物保護団体PETAが、ヤクルト本社が食品の機能性表示のための動物実験を廃止したと同会のブログで報じました。しかし、同社の公式ウェブサイトには、その日時点で、「健康な生活に寄与する食品や医薬品などの開発において効果や安全性を確認するために必要不可欠な動物実験」を実施しているとの記載があり、また、すでに多くのメーカーが廃止している化粧品分野の動物実験について言及がありませんでした。

そこでCFBでは同社に対して面会を申し入れ、1月31日、ヤクルト中央研究所 研究管理センター所長、同 安全性研究所所長、同 化粧品研究所所長、ならびにヤクルト本社広報室お客さま相談センター長の4名に面会。同社の動物実験方針の真相を質しました。

その際、日本国内でのみ展開している化粧品・医薬部外品についてはすでに動物実験を取りやめていることがわかりましたが、グローバルに展開している食品・飲料品については基本的に動物実験を行わない方針であるものの、日本独自の制度である「トクホ(特定保健用食品)」では国への承認申請時に当局から動物実験が要求されるケースがあり、その場合は行うということが示されました。

CFBからは、面会後、改めて同社に対して、国への承認申請時に要求された場合にも動物実験を行わないという姿勢を明確にしてほしいと書面にて要望。その後の交渉や確認作業を行った結果、3月16日付の書面にて、上記ケースも含め、化粧品および食品分野における動物実験は実施しないとの回答を得ることができました。

ぜひ、ヤクルト本社に対して、この方針を支持、称賛するメッセージを送ってください!

--------------
〒105-8660
東京都港区東新橋1丁目1番19号
株式会社ヤクルト本社
お客さま相談センター 御中

フリーコール 0120-11-8960

メールフォーム
--------------

*注「市販後の事故等を含む法的義務もしくは各国の関係当局からの指導等を考慮し、社会に対して製品や成分の安全性の保証が必要な場合で、かつその方法が動物実験しかない場合」を動物実験を行う例外として挙げています。また、同社は食品事業、化粧品事業のほかに、医薬品事業も行っていますが、医薬品分野の動物実験は今回の決定の対象外です。



Good News! Yakult Abolished Animal Experiments on Cosmetics and Food Products


Yakult Honsha Co., Ltd., a Japan’s leading probiotic drink maker, which is operating business globally, told Cruelty Free Beauty (CFB) that they completely abolished animal testing on cosmetics, quasi-drugs, and food products for research and development as well as for applications for authorities*

On January 18, 2018, PETA, the world-largest America animal rights organization, praised Yakult Honsha for agreeing to ban the studies on animals if it is for health claims. However, we noticed that the company’s official website said that it was still conducting animal testing in the process of development in order to confirm the efficacy and safety of food products and medicines to protect users’ healthy life, and there was no mention of abolishment of animal testing on cosmetics, although many other manufacturers already did so.

In order to find out the real story about animal testing policy, CFB asked the company for a meeting. On January 31, we met three directors from Yakult Central Institute in charge of research management, safety, and cosmetics research respectively as well as a head of customer services.

We found that the company already ended animal testing on cosmetics and quasi-drugs for the domestic market. However, they had a different policy for foods and beverages; they may have to conduct animal testing for ‘foods for specified health use’, aka TOKUHO, if the authority requires it at the time of application. After the meeting with Yakult, CFB requested them in writing to clarify that they do not conduct animal testing even if required by the authority. Following our several communications, we received a reply from Yakult on March 16, stating that they will not conduct animal testing on cosmetics and food products.

With this, we finally confirmed that Yakult stopped studies on animal in the field of cosmetics and food. Why not sending a message to Yakult to show your support to their decision! Online form is available here:
http://www.yakult.co.jp/faq/contact/

*In consideration of legal obligation including post-marketing incidents or instructions from relevant authorities of countries concerned, if safety assurance of the product or ingredients is required and it animal testing is only method to satisfy the purpose, it can be conducted as an exceptional case. It does not apply for animal testing in the field of medical products, which is outside the scope of CFB’s activities.

← 大手メーカーへの働きかけへ戻る
← JAVAの活動TOPへ戻る

ページTOP




ページTOP