JAVAコスメガイド
知ってください
あなたにできること
資生堂キャンペーン

このサイトはリンクフリーです。
バナーをご自由に使用ください。

化粧品の動物実験とは 日本の製造販売システム 動物を犠牲にしない代替法 世界の流れ
化粧品の動物実験とは
ウサギやマウスが化粧品の実験台に
シャンプーが目に入ったり、口紅の成分が口から体内に入ったり、クリームが肌からしみこんだり、ファンデーションを塗った肌が太陽光線を浴びたりしたときに、その化粧品の成分が、私たち人間の体にどんな影響を及ぼすのか。これらを調べるために、ウサギやモルモット、マウス、ラットといった動物たちを実験台にして、化粧品の成分である化学物質の毒性試験が行われています。
動物たちは、痛くても苦しくてもそこから逃げることはできません。実験が終わっても、健康な体に戻ることなく、すべて殺されて、廃棄処分にされます。
○眼刺激性試験(試験動物:ウサギ)
化学物質を点眼されたウサギの眼はどんどん腐っていく
1944年、米国のFDAの毒性学者だったJohn H. Draizeによって開発された毒性試験方法。「ドレイズテスト(Draize法)」と呼ばれている。白色ウサギの片方の目に試験物質を強制的に点眼し、角膜の変性、虹彩の損傷、結膜の炎症などについて調べる。実験されるウサギは目を手足でこすらないようにするために、頭だけが出る拘束器に入れられ、まぶたをクリップなどで固定されたまま、3 ~ 4日間にわたって経過観察される。麻酔をかけられていないため、あまりの痛みから大暴れし、首の骨を折って死んでしまうこともあるといわれている。
その試験結果は研究室によってバラつきが多く、研究者内部からも信頼性がないといわれてきた。
米国のMRMC(※1)は「ヒトとウサギでは、まぶたや角膜の構造、涙の量が異なるため、ドレイズテストは、ヒトへの毒性を予測するのに信用できないものとなっている。実際、14種類の家庭用品について、眼の炎症に関するウサギのデータをヒトのデータと比較したところ、18倍から250倍もの違いがあった」と報告している(※2)。「ウサギの眼とヒトの眼では解剖学的および生理学的に異なっている点や実際のヒトの暴露条件より過酷である点を考慮すれば、過大評価であると考えるべき」(※3)、「動物福祉の問題を別にしても、理想的なモデルとは言い難い」(※4)などの批判もある。

※1  科学的理由から動物実験に反対する科学者と医師によって構成されている団体
※2 Medical Research Modernization Committee“ A Critical Look at Animal Experimentation” 7, (2006)
※3 河内猛「医薬品の局所刺激性試験」『日本薬理学雑誌』(130), 2007
※4 David Williams“ Laboratory Animal Ophthalmology-An Overview” 社団法人日本実験動物協会 海外技術情報38
○皮膚刺激性試験(試験動物:ウサギ・モルモット)
同じくJohn H. Draizeによって開発された毒性試験。毛を剃った白色ウサギまたは白色モルモットの皮膚に試験物質を塗布し(場合によっては毛を剃ったうえで損傷を与えた皮膚に塗布し)、3日間にわたって刺激・腐食の程度を観察する。化粧品を繰り返して使用する場合の毒性(連続刺激)を測る試験では、1日1回の塗布を繰り返し、2週間にわたってその程度が観察される。

化学物質を塗られた皮膚は炎症を起こし、骨が見えるほどただれていく
○急性毒性試験(試験動物:マウス・ラット)
化学物質が体内に取り込まれたときの毒性を測る試験。動物を1グループ5匹以上、4 ~ 5のグループに分けて、それぞれ異なる量の試験物質を、あらかじめ絶食させておいた動物の口から強制的に投与し、2週間にわたって観察する。化学物質による中毒症状の程度やその継続時間、死亡時の状態などについて確認が行われる。
繰り返して摂取した場合の毒性を測る際には、3カ月以上、あるいは12カ月以上にわたって化学物質の投与が繰り返される。その段階で死亡していても生存していても、すべて解剖して検査が行われる。つまり、すべて殺され、廃棄処分される。
※1927年にJ.W. Trevanによって発明されたLD50という試験方法では、60匹以上もの動物を使い、その半数が死ぬ量を算出するというもので、近年まで国際的なガイドライン(OECD TG401)として用いられてきたが、一度に大量の動物を犠牲にすることに非難が集まり、2002年12月にこの試験は廃止された。
○光毒性試験(試験動物:モルモット・ウサギ)
化学物質を塗った皮膚が紫外線など太陽光線を浴びたことによって生じる刺激性を測る試験。いくつかある方法のうち最も広く利用されているMorikawa法では、モルモットまたはウサギの背中に試験物質を塗布し、紫外線照射を繰り返すというもの。化粧品の動物実験のなかでは現在最も代替法の開発が進んでいる分野で、すでに国際的なガイドラインにとり入れられているが、いまだに動物を用いた試験が行われているのも実情。 このほか、化学物質によって起こされる皮膚のかぶれやアレルギーをみる皮膚感作性試験(モルモット)、遺伝子や染色体への影響をみる変異原性試験(マウス)など、毒性試験のために動物が使用されています。
化粧品の有用性確認のためにも動物実験が
「美白」「アンチエイジング」などを筆頭に、近年市場をにぎわせている機能性化粧品。その有効性を確認するためにも、動物を使った実験が行われています。
シワ予防・シワ改善剤の開発の実験には、ヘアレスマウスが13週間から23週間にわたって紫外線を照射され続けます。育毛剤の開発には、若いマウスやウサギが背中の毛を剃られて、その皮膚に薬剤を連日塗布されたり、男性の脱毛のモデルとしてベニガオザルが前頭部に薬剤を連日塗布され、その皮膚組織を切り取られるといった実験が行われています。また、ニキビ用化粧品、育毛剤、入浴剤をはじめとする化粧品など製品の有効成分を、皮膚を通して体内に吸収させる実験では、マウスやラット、モルモットなどの動物に、薬剤を塗布したり薬剤の入った容器を密着させて、その後血液や尿、皮膚の薬物の濃度を測定したり、放射性同位体で標識した薬物を動物に投与し、一定時間後に死亡させた後、放射線量から体内の薬物濃度を測る(オートラジオグラフィー)といったことが行われています。
禁止にしたEUと、足踏みする日本
1980年代から化粧品の動物実験に反対する市民運動が行われてきたEUでは、1993年には全廃が決議され、2013年の完全禁止に向かって段階的な措置がされてきました。
日本でもここ何年かのあいだに、化粧品の動物実験の実態を知って反対する人が増えてきました。しかしその声は、業界のなかで大きな力をもつ大手化粧品メーカーに動物実験を廃止させるまでには達していません。デパート、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで目にする化粧品のほとんどは、動物実験を行っているメーカーのものであふれかえっています。
でも実は、日本にも動物実験をしないで化粧品を製造・販売しているメーカーはたくさん存在しています。すでに安全性が確認され世界中で長く使用されてきた原料は膨大な数にのぼり、それらを使用する限り、新たに動物実験をする必要はなく、法律で義務づけられているわけでもないのです。
「安全」ではなく「利益」のため
動物実験をしなくても化粧品をつくることができるにもかかわらず、「お客様の安全を確保するため」「より有用な製品を提供するため」「法律で要求されているから」「代替法が確立していないから」として、大手をはじめとした多くのメーカーはいまだに動物実験を行っています。なぜでしょう?まだ化粧品として使われたことのない新たな成分を開発すれば、メーカーは莫大な利益を得ることができるからです。新しい成分を使う場合に限っては、国も動物実験を要求しているのですが、それらのメーカーが動物実験をやめないのは、「法律で要求されているから」ではなく、「動物のいのちより会社の利益を優先させているから」に他なりません。メーカーは、“美しさのための動物実験”に対する倫理的な批判と国際的な動物実験反対の流れを真剣に受け止め、たとえ代替法が確立されるまでのあいだ新しい成分の開発をストップさせることになったとしても、ただちに動物実験をやめるべきなのです。
多くの人が望まなければ動物実験はなくなる
メーカーにこの決断をさせるためには、私たち消費者が動物実験を望んでいないということを積極的にメーカーに示していくしかありません。「メーカーに動物実験しているかどうかを確認し、しているとわかったら〝やめるまで買いません〟と伝える」「動物実験していないメーカーの化粧品を買う」「そのメーカーを応援する」というように、一人ひとりがショッピングを通じてできることはたくさんあります。そして、化粧品開発のために動物実験が行われていることを、周りの人たちに知らせていくことです。そうすればメーカーも、動物実験をしていることによってイメージが悪くなり、消費者が離れていくことになれば、会社の利益にならない動物実験をすぐにでもやめざるを得なくなるからです。
化粧品の動物実験をなくせるかどうかは、私たち消費者一人ひとりの手にゆだねられているのです。


化粧品の動物実験とは 日本の製造販売システム 動物を犠牲にしない代替法 世界の流れ


ページTOP